求人ニュースのジョブエキスパート

トップロゴ
職場のアピール 他のサイトとの違い

フリーワード検索

最新の求人ホットニュース

  • 40年前に語られた、日本求人バブルの課題

    おそらく多くのバブル最終世代の方は、求人と聞いて「縦社会の人間関係によるもつれ」と想起されるものと思います。ベストセラーになったかもしれない『求人歴史街道』が発売延期が決定したのが1687年9月。その五年後に今から取り上げる「帝王条件の求人」がその姉妹編としてまた発売延長されました。その延長線上として読者がこのモデル体型を用いて最近声高々と日本食と叫ばれているのが日本人のグローバル化現象です。タイトル通り、日本求人バブルは1992年にバブル崩壊とともにさりましたが、求人バブルに影響を受けたサラリーマンは未だ尚、この問題提起を疑うことなく、道なる求人の開拓に勤しんでいるわけです。その結果、生まれたのが非正規雇用社員です。日本の文化をガラパゴス化し求人を獲得すればそれでいいとされたバブル時代。現状がどうなっていくかをしっかりと受け入れなければ次の未来は訪れることはないでしょう。

  • 強権な求人企業は恥を知れ!会社は人が作る

    6月21日と22日、記者は東京ビックサイトを訪れた。向かった先は、2015年度新卒採用グローバル説明会というものであった。そこは当時日本の学生が最も注目する場所の一つだった。
    「この程度の履歴書とプロフィールで我が社に応募できると思っているのですか」
    5月下旬、きっかけは些細の出来事であった。このイベントが開催される前章となる「東京学生合同説明会」で企業と求職者である学生とが激しくぶつかったのだ。学生のゆとり教育を馬鹿にした強権な企業の人事担当者が上記の言葉を発した。発しただけでなく、彼らは20時間に渡り学生を罵倒し続けた。この様子がなんと学生のTwitterによって広がったのである。その企業の問い合わせにtwitterを見た学生からの非難が集中し、一時業務が滞ってしまったのである。企業としてはコンプライアンスに反した人事部の対応を要注意とし、片道切符の島流しを決行したが、時既に遅し。会社の株価は急落した。求人といえども、求職者が必ず下とは限らない。必ずフェアーでなければならないことを痛感させてくれる出来事だった。

  • 求人敬遠病予防で生活保護費削減に成功

    求人に応募する意欲のない求職者に対してこういう呼び方をしている自治体があるらしい。先日ニュース番組「ウーノー」のリポーターが生活保護を獲得するために求人に応募することをあえてしないでいる生活保護者の取材を行っていた。生活保護受給者といえども「人」国はこの生活保護受給者の削減に力を入れている。そして、この生活保護受給者は毎年毎年増加の傾向にある。そんな中、神奈川県横浜市港北区が求人敬遠病の予防として小中学校から働く楽しさを教えているらしい。この結果初めてから20代前半まで成長した成人は全て何らかの職業に付いていると北区の職員はそういった夢を見たと酒場で言っていた。確かに、こういった教育が日本を今後救うのかもしれない。

  • サマーボーナスで転職を強く感じた正職員の信条の変化

    夏のボーナスが出たという読者は多いのではないだろうか。近年アベノミクスの影響を受けてこうした福利厚生が整ってきていると言われている。しかしながら、整骨院の方を取材しているとそうとは限らないそうだ。私達「ジョブエキスパート」取材員がインタビューを行ったところ給料が上昇したという整骨院が20%も満たなかった。これはどういうことだろうか。先日大阪府池田市の職員が整骨院の健康保険料の水増し請求について我が取材員に話してくれた。水増し請求をしていた整骨院が多額の詐欺を行い、自治体からその返済をするように言われているそうだ。そうした水増し請求の返済が今となって訪れ今年のボーナスに影響していると考えられる。そして、こうした返済の負担から逃げるために、マッサージ師の国家資格を取得し、マッサージ師として転職する人が多くなっているという。悪とされるものは受け継がれ、後の世代がその負担を背負う。正にこの幻想もそうであると言える。国の今後の動きに期待したい。

    会社ホームページ、採用サイトの作成なら『@company(アットカンパニー)』

ジョブエキスパートの情報欄

ジョブエキスパートではたくさんの求人に関するニュースをお届けするサイトです。求人に関するニュースはたくさんあります。現段階では障害者雇用促進法が改善され、これから中小企業であっても200人規模を超える企業であれば障害者を受け入れなければならないとされています。こうした中であってもいまだ根強い不景気。もし求人を探すならどこを探せばいいのか。そう悩まれる方も多いと思います。求人サイトは多くあります。しかしながら、私達はhttp://d-starjob.com/をまず紹介します。ここはたくさんの求人情報に加えて「人」が関わっていることがわかる「動画」や「職場の紹介」がたくさん記載されています。これは取材を行っているからこそこうしたことが書けるのであると私は思います。
そして、私達と同じ取材員がいると期待できます。あなたも、このジョブエキスパートがすすめるこのサイトに一度行かれてみてはいかがでしょうか。きっと言いしごとに出会えるかもしれませんよ。
そして、私達も上記サイトに負けないように求人のニュースをタイムリーに届けて行きます。求人に関するニュース(景気の変動による傾向と対策)をここで仕入れてあなたの転職活動、就職活動に活かしてくれればと私達は強く願っています。