ジョブエキスパート 俺の時間

トップロゴ
職場のアピール 他のサイトとの違い

俺の時間

俺の時間とは、ジョブエキスパート編集部が「求人」を使って作る物語のことである。かつてベストセラー小説をこの世に生んだ「なんばの頂き」の著者「ガーヤマン=スーウィーキー」さんが新たにこのサイトで筆をとることを決意してくれた。彼の作品なんばの頂きでは求人に思いを馳せる銀二と求人から狂った龍二とが対立する。彼らの対立に巻き込まれる女子高生とその背景にいる銀二の彼女が織りなすストーリーにはアフリカにあるコートジボワールの人が涙を流したらしい。それほど国を超えて愛されるストーリーを書いた「ガーヤマン=スーウィーキー」が新たに筆をとることにジョブエキスパートエージェントも期待に胸を踊らせている。さて、今回はどのような求人の物語ができてくるのだろうか。先日「ガーヤマン=スーウィーキー」に取材を行ったところ「今回の物語かい?求人を使って物語を書くというのは正直疲れるんだよ。どれくらい疲れるかと言ったらサンマの骨を取る作業と言ってもいいだろう」と言っていましたが、執筆する意欲は決してやまないとの言葉を得ました。彼による新たな「求人」のストーリーとその求人について思う彼の熱き心を個々で垣間見てください。さぁ、今物語が始まります。

関連記事

求人応募者が嫌う3つの事

人事採用と言うものはあらゆる段階を経てなし得るものである。そのため、採用に関する人事というものはとても厄介な仕事であると言える。そして、その反面求職者の方も企業に対して応募するにあたり、してほしくないと思うこともあるそう … Continue reading

中国も求人を出すのに一苦労

中国でも求人を出すのに苦労しているそうだ。日本でも求人広告は沢山あるが、中国はどうなのだろうか?中国人が求人で何を重要視しているのかを見ていこう。 中国人はここを見ている! 人との信頼関係を重要視する中国は、求人媒体は新 … Continue reading

397万件にもなるアメリカの求人が凄い!

アメリカの労働省が1月の求人稼働率を調査すると397万件にも及ぶそうだ。この数字から見ると一見「凄い!!」と思うかもしれませんが、実際のところはどうなのだろうか?それについて、詳しく解説していこう。 この397万件の求人 … Continue reading

ベアで変わる求人の広告費

春闘が各企業で現在行なわれている。アベノミクスの影響のおかげか、春闘の成果がようやくベアの形となり出てきている。しかしながら、このベアの影響はどこまで広がるのだろうか?今後出される企業の求人にも影響を与えてくれるものだろ … Continue reading

これ求人に書いていることと違う!

求職者となり、職を探すときには「労働条件や給与や待遇」を重視するのではないだろうか。しかし、最近ではそうしたことと、実際に面接で言われてたり働いたりしたときと違い「おいおい!求人に書かれていることと違うじゃないか!」と言 … Continue reading

求人における時代の流れ

求人がどのように変化しているのか、私の考えも交えながらお伝えします。 求人の特集 最近では、○○求人特集!などの広告を見るようになってきました。私が見たものをお伝えしようかと思います。多くの職種や勤務地、雇用形態を取り扱 … Continue reading

ドラマごちそうさんの影響が求人にも現れる。

日本全国を「じぇっじぇじぇ!」という言葉で人気を集めたNHK連続テレビの小説「あまちゃん」はみなさんも見たことがあるのではないだろうか?平均視聴率が過去五年間の中でもトップに入る35%を記録したと有名になっている。 そし … Continue reading

一度、ドン底にまで落ちてから

先日、東北楽天イーグルスと読売ジャイアンツの試合があった。2013年10月31日の試合は熱かった。球場にいたファンも、それをテレビで観戦している人達も、である。試合は、3回に2得点してから6回まで動かなかった。だが7回に … Continue reading

ソーシャルで見つけるレアな求人

以前ソーシャルネットワークのtwitterで知り合った人々と実際に合って食事をした。そこで沢山の人々の話を聞くことができたのだが、その人達が生業としている仕事が、どうやったらそんな求人を見つけられるのか、不思議だな、と思 … Continue reading

「求人は千社」招き猫が訪れる企業とは

数年前世間を賑わせたあの成果報酬型求人を出した企業を皆さんは御存知であるだろうか? 設立後わずか3年で東京証券取引所の上場を成し遂げた企業がある。それが上に書いた「ジョブセンス」と言うサイトを運営する「株式会社リブセンス … Continue reading