ジョブエキスパート 俺の時間

トップロゴ
職場のアピール 他のサイトとの違い

俺の時間

俺の時間とは、ジョブエキスパート編集部が「求人」を使って作る物語のことである。かつてベストセラー小説をこの世に生んだ「なんばの頂き」の著者「ガーヤマン=スーウィーキー」さんが新たにこのサイトで筆をとることを決意してくれた。彼の作品なんばの頂きでは求人に思いを馳せる銀二と求人から狂った龍二とが対立する。彼らの対立に巻き込まれる女子高生とその背景にいる銀二の彼女が織りなすストーリーにはアフリカにあるコートジボワールの人が涙を流したらしい。それほど国を超えて愛されるストーリーを書いた「ガーヤマン=スーウィーキー」が新たに筆をとることにジョブエキスパートエージェントも期待に胸を踊らせている。さて、今回はどのような求人の物語ができてくるのだろうか。先日「ガーヤマン=スーウィーキー」に取材を行ったところ「今回の物語かい?求人を使って物語を書くというのは正直疲れるんだよ。どれくらい疲れるかと言ったらサンマの骨を取る作業と言ってもいいだろう」と言っていましたが、執筆する意欲は決してやまないとの言葉を得ました。彼による新たな「求人」のストーリーとその求人について思う彼の熱き心を個々で垣間見てください。さぁ、今物語が始まります。

関連記事

求人における「できる人募集」とは

調べて見ると、「できない人は何時までたってもできない人出あり、できる人には」なれないと言う文章を見つけた。 この文章は特定の企業だけでなく、経済界の大物が集う場でも話されている内容らしい。 都内にある大手製薬メーカーの人 … Continue reading

知識の差が今後の求人を支える。

現在日本の人口は何人いるのか御存知であるだろうか?一億5千万人もの人間がこの日本にはいるのだ。そして、日々進化するこの日本のIT産業を支えているのは約60万人もいるとされており、現代もIT産業に興味を持つ若者は増え続けて … Continue reading

博多に映るネオン街求人の真相。

様々な街に必ずあるとされているのがネオン街ではなかろうか?大阪のネオン街に溺れて自らを破綻させるもの、欲望のまま生き成功するもの。その違いは一体何なのだろうか? 私は今回この博多のネオン街オフィスに着目した。博多はエナジ … Continue reading

多岐にわたる流行に追いつくコンビニ業界

コンビニといえば誰もが利用しているだろう。少なくとも一日に一回はそこで買い物をする人は少なくはないはずだ。私もご多分にもれず日に何度となく利用しているが、彼らの仕事の大変さはかつて同じことをしていた私としてはよくわかると … Continue reading

ご当地アイドルに見える、都道府県、自治体の努力

皆さんは自分が住んでいる県、または出身した県にご当地アイドルが存在すると言われたらどう反応するだろうか。「知っている」という人もいれば「自分の出身した県にアイドルなどいるとは知らなかった」と驚く人もいるかもしれない。実は … Continue reading

国民的ビジネス“制服制作”の求人に魅力。

思わぬ時から、思わぬところからビジネスというものは生まれてくる。 そして、そのビジネスは佳境を迎えたと同時に衰退に進んでいく。 日の有名な坂部氏が私の会社に入社する前に朝礼のスピーチで言っていた内容であるが、今回もこの「 … Continue reading

シリア攻撃に諦め、アメリカ本土を鍛える軍事求人に密着。

シリア攻撃を事実上認めたアメリカ政府であるが、この17日にせまる債務不履行による世界不況を恐れているのか、軍人が新たな求人を求め転職活動に興味を示しているというのをどこかの新聞で目にした。 軍人とはいわゆる国家公務員であ … Continue reading

チェックの甘さに非難集中、厚生労働省違反求人を見逃す。

「チェック体制の不備が問題あり、この度は非常に申し訳ないことをした。直接本人に謝罪したい。」 厚生労働省管轄兵庫労働基準監督署の職員を退職した磯貝真希さんはこう語る。 先日求人企業を極東情報局原稿調査委員会が調べたところ … Continue reading

企業側が求めるリピーター。アルバイトに求められるもの

マクドナルド、ケンタッキー、ウェンディーズ、フレッシュネスバーガー、ミスタードーナツ…、その他その他。 これらの飲食チェーン店は自社の製品、ハンバーガーやドーナツ、もしくは牛丼や食事などの商品開発、他社との差別化など、製 … Continue reading

SNSで暴走する若者は社会的重大性を知らない

最近、とみに「バカッター」という言葉を聞く。思わぬ非社会的行動を写真で撮り、それを主にTwitterなどに投稿する行為のことを指したり、もしくはその非社会的行動がいわゆる「炎上」したときにTwitterそのものを「バカッ … Continue reading