村西千秋さんが心がけていること「イメージさせる話し方を身につける」について|ジョブエキスパート

トップロゴ
職場のアピール 他のサイトとの違い

村西千秋さんが心がけていること「イメージさせる話し方を身につける」について

求人広告会社に務める営業マン・村西千秋の紹介

営業マン生活をはじめて4年。3年目にトップ社員となり、その後は常にトップを維持し続けています。この快挙に、社内で表彰も受けたんですよ!では、なぜ、並みいる強豪営業マンに勝つことができたのでしょうか?それは、話し方にあると考えています。私のセールストークは、熱くはありません。熱気を帯びていないと言いますか、一見、冷めているようにも感じるかもしれませんね。しかし、気を付けているのは、「イメージさせるような話し方をする」ということです。イメージ出来れば、人は「買う」ものなんですよ!

彼の一日に密着

5:00 起床 早朝起床に、いま凝っているそうです(笑)
7:00 出勤 自転車通勤されています。出社後は始業まで、新聞を読むなど自由時間をたっぷりと楽しむそうです。
9:00 外回りスタート 基本的に自転車で移動されています。
16:00 帰社 他のスタッフと語らいの時間も作りつつ、翌日以降の仕事の段取りをします。
18:00 退社 帰宅後は家族との時間を過ごします。少し仕事もします。
22:00 就寝 早起きのために早めに寝るようにしているそうです。

「イメージさせる話し方を身につける」について

彼なりの工夫について

「売り込まれている」と感じると、人は買わなくなるそうで、いかに売り込んでいるイメージを無くしながら、イメージさせる話し方を身につけるかが大事なんだそうです。使っているところ、使うと良い所、そんなことを話しに盛り込めるようになることが必須ですね。

それが出てきた成果などの情報

この話し方を身につけるまでは、いわゆる普通の営業マンだったとのこと。それが今やトップ!

関連記事