ちゃいとれ株式会社でスポーツトレーナーという仕事をした城田宗基の話|ジョブエキスパート

トップロゴ
職場のアピール 他のサイトとの違い

ちゃいとれ株式会社でスポーツトレーナーという仕事をした城田宗基の話

私はこうして、スポーツトレーナーの仕事に就きました

今まで、スポーツばかりをやってきましたので、それを活かした仕事が出来ないかと思っていたんです。ただ、せっかく取得した小学校教員免許(もちろん体育です(笑))を活かさないというのは実にもったいない!ということで、小学生向けのスポーツトレーナーの求人を探していたところ、見つけたのがこの会社だったんです。

私がしているスポーツトレーナーという仕事はこんな仕事

今のお仕事内容は、放課後でのスポーツ活動。小学生を対象に、サッカーやバスケットボールなどの各種球技や、体操などを教えています。コツを教えた後は、審判となり、見守り、サポートすることが重要。あまり内部に入り込み過ぎてしまうと、甘えが出てしまいますので、あまり身につかない結果となってしまうことが多いのです。また、小学生ということもあり、子ども同士のケンカの仲裁をしたり、悩みごとの相談なども受けたりすることがありますね。

ちゃいとれ株式会社について思うこと

今回のケースのような、子どもを相手にしたお仕事の場合、まずは「信頼」されることが重要です。子どもは大人以上に素直ですし、警戒心を持っていますので、表面的な関わりを持とうとすると、すぐに気付かれてしまうものなのです。

この仕事をして得たスキル

子どもとの関わり方を学びました!小学校教諭の免許は持っているものの、実は小学生との交流をする機会はあまりなかったんです。しかし今では、普通に接することができて、子ども達から歩み寄ってきてくれますので、嬉しい限りです!

関連記事