リラックスノーワンでリラクゼーションスタッフという仕事をした桜田文雄の話|ジョブエキスパート

トップロゴ
職場のアピール 他のサイトとの違い

リラックスノーワンでリラクゼーションスタッフという仕事をした桜田文雄の話

私がしているリラクゼーションスタッフという仕事はこんな仕事

大まかな一日の流れは、朝は開店準備(洗濯や備品の準備など)、掃除。開店後は、受付、施術などということになりますね。またお客さまの少ない時には、近くの大通りまで出て、ティッシュを配るといった呼び込み活動などもしています。

リラックスノーワンについて思うこと

技術に関しては、しっかりと叩き込まれますので、スタッフは一様に上手になっていきます。ただし、技術と同じ位大事で必須となる技能として、コミュニケーション能力が求められます。これは、個人の技量といいますか、努力に大きく左右される部分だと感じています。中でも、国家資格取得のための専門学校に通うためのシフト調整をしてくれるということが、一番ありがたいですね。

リラクゼーションスタッフという仕事をしてみて思ったこと

接客面は以前受付で働いていたので慣れていますが、施術の面に関しては「奥が深い」というのが正直な感想ですね。「未経験でも大丈夫」ということで簡単なのかなと思ったらむしろ逆。一朝一夕で身に付くようなスキルではありません。

この仕事をして得たスキル

実は未経験で店舗に入ったのですが、しっかりとした研修(3カ月間+1カ月間のサポートスタッフ業務)のおかげで施術の技術がどんどん上がってきたと感じています。今は更なるスキルアップのため、このお店で働きながら、あん摩マッサージ指圧師の免許取得のため、専門学校に通わせてもらっています。

関連記事