新川正貴さんが心がけていること「即座に頭を切り替える」について|ジョブエキスパート

トップロゴ
職場のアピール 他のサイトとの違い

新川正貴さんが心がけていること「即座に頭を切り替える」について

人材派遣会社に勤める営業マン・新川正貴さんの紹介

いままでやってきたお仕事は営業事務ということで、「縁の下の力持ち」というべき存在。もっと、表舞台に立てるような、そんなお仕事がしたかったと新川さんは語っていました。そんな中で見つけた求人の「喜ばれるお仕事」というキーワードに惹かれ、現在勤める会社に転職することを決めたそうです。

彼の一日に密着

7:00 出社 ラッシュに関係のない早めの時間に出社するのが好き

9:00 始業 朝礼や部署スタッフとの打ち合わせでスタート

10:00 外回り 遠方の大手企業を中心に2~3社程度

17:00 帰社 外回りついでに、資料探しなども全部終わらせます

19:30 退社 帰り際に、夕食も済ませます

「即座に頭を切り替える」について

彼なりの工夫について

営業という仕事をしていると、どうしても精神的に落ち込む場面が訪れます。成果が上がらないと上司に怒られますし、取引先に無理難題を言われてしまうことも普通にあります。もちろん、がんばっているのに成果が出ない……なんていう、成績のプレッシャーもありますし。そんな時、「しんどいな」「辛いな」という気持ちをいつまでも引きずっていたら、うまくいくはずの商談も、上手くいく訳がありません。いま目の前にある事柄のうち、何を優先させるべきなのか。そして、その優先事項で結果を出すためには、どんな心持ちでいなければいけないのか。それを瞬時に判断すること。これこそが、営業マンに求められていることなのだと、私は思います。

それが出てきた成果などの情報

気持ちの切り替えがスムーズにできるようになって、安定した成績が出せるようになったのはもちろん、これが時短にもつながって、私生活にも潤いが出ました!

関連記事