奥元典弘さんが心がけていること「自分磨きの時間を使う」について|ジョブエキスパート

トップロゴ
職場のアピール 他のサイトとの違い

奥元典弘さんが心がけていること「自分磨きの時間を使う」について

事務機器メーカーに勤める営業マン・奥元典弘さんの紹介

奥元さんはもともと運送会社に勤めていましたが、家に帰ればほぼ寝るだけの生活で、趣味などを楽しむ時間が無かったことから、募集記事の「私生活も充実」というキャッチフレーズはすごく魅力的に映ったと言います。

彼の一日に密着

7:30 出社 書類作成は、朝のうちに済ませます

9:00 始業&外回り 朝礼のあと、すぐに外回りスタートです

15:00 帰社 一日の報告書をまとめます(アポ取りもこの時間に行います)

18:00 退社 残業はほぼしません

「自分磨きの時間を使う」について

彼なりの工夫について

新入社員研修で、「営業というのは自分を売り込んでいくらという世界」という言葉を叩き込まれましたが、そのときにふと考えたんです。「自分を売り込むためにはいったいどうしたらいいんだろうか」と。さんざん悩んだ末に「内面的な意味で自分自身を磨く」という結論に行き着きました(上っ面だけを飾ったところでまったく意味がないですからね(笑))。そこからは早かったですよ(もう一刻も早く売り上げを上げるのに必死でしたから(笑))。知識や情報を収集することはもちろん、自分という人間を知ってもらうために、自分自身の接客スタイルをもってどんどんネットワークを広げていく、といったことなどですね。

それが出てきた成果などの情報

良い意味で貪欲になることで、人生設計が細かくできるようになり、それが回りまわって、仕事の成果にもつながっていると思います。

関連記事