乗附清二さんが心がけていること「売るための努力をやめる」について|ジョブエキスパート

トップロゴ
職場のアピール 他のサイトとの違い

乗附清二さんが心がけていること「売るための努力をやめる」について

不動産会社に勤める営業マン・乗附清二さんの紹介

乗附さんは「人としての魅力を高めたい」という理由から、「ヒューマンスキルの高さが自慢」を謳った募集広告に興味を持って、この世界に飛び込みました。

彼の一日に密着

8:30 出社 実は自転車通勤しています。会社に着くまで1時間半位ですね。なので、朝から超すっきりモードです

9:00 始業 朝礼後はあわただしく準備に追われます

10:00 外回り だいたい3社回ります

15:00 帰社 翌日の営業資料作りとアポ取り

18:00 退社 もちろん自転車で帰ります

「売るための努力をやめる」について

彼なりの工夫について

私の営業生活の中での一番の工夫といえるのは、「売るための努力をやめる」ということですね。実際こうしたことによって、確実に営業成績が伸びました。これは実践してみて思ったことなのですが、「売りたい」と思う気持ちは、自分にとっては正直な気持ちなのですが、お客さまにとってみれば一方的に売りつけられることは「押し付け」以外の何者でもありません。お客さまの立場にたって考えるなら、「買いたい」と思ってもらうことこそ、第一なのではないでしょうか。そんなわけで、「売るためのトーク」は早々にやめて、「買いたいと思わせるトーク」を意識することが重要だと思うのです。

それが出てきた成果などの情報

お客さまからの食い付きが格段に良くなりました。「買いたい」と思って頂けている……ということですね。営業マンの心の持ちようひとつで、こんなにも商品に対するイメージが変わるものなのだ、と実感しています。だって、変化したのはトークの内容のみで、商品自体は一切変わってないのですから。

関連記事