俵屋雄吾さんが心がけていること「丁寧過ぎる癖を直しました」について|ジョブエキスパート

トップロゴ
職場のアピール 他のサイトとの違い

俵屋雄吾さんが心がけていること「丁寧過ぎる癖を直しました」について

衣料品メーカーに勤める営業マン・俵屋雄吾さんの紹介

今の会社に応募したきっかけについて俵屋さんは「元々が話し下手だったので、直したいと思ったんです」とのこと。ちなみに以前は引越し屋さんで働いていたそうです。

彼の一日に密着

7:30 出社 朝食は基本的に会社で食べます

9:00 始業 ミーティングで始まります

9:30 外回り 件数は日によって大きく変わります

14:00 帰社 ここからは事務的作業が中心です

18:00 退社 夕食も外で済ませて家に帰ります

「丁寧過ぎる癖を直しました」について

彼なりの工夫について

「丁寧過ぎる癖を直す」なんてことを言うと、人によっては「丁寧過ぎるくらいがちょうど良いだろう」という方もおられると思います。実はこれを意識し始めたきっかけは、外回りから帰ってきて報告した際に、同僚から「どこか事務的で堅苦しいんだよな」と言われたことです。どうやら「できる限り分かりやすく丁寧に」という思いがどうもエスカレートしていったようです。そんなわけで、意識的にフランクな言葉を織り交ぜてみるとか、笑いの要素を取り入れてみるといった、親しみやすい話ができるようにいろいろ工夫を重ねました。

それが出てきた成果などの情報

実際私はこのテクニックを実践して以来、どんどん顧客を獲得していますよ!丁寧さとフランクさを使い分け、他の営業マンとは「ちょっと違うな」と思ってもらえたなら大成功!敢えてのフランクさ。敢えての丁寧さ。これを忘れてはいけないと思います。

関連記事