平橋正輝さんが心がけていること「訪問の理由を、常にラインナップしておく」について|ジョブエキスパート

トップロゴ
職場のアピール 他のサイトとの違い

平橋正輝さんが心がけていること「訪問の理由を、常にラインナップしておく」について

デザイン会社に勤める営業マン・平橋正輝さんの紹介

平橋さんに、この業界に飛び込んだ理由を聞くと「『自分でスケジュールが作れる仕事です』という広告が目に飛び込んできたから」という答えが。今まで結構一匹狼でやってきたので、仕事でもそんなスタンスを守りたかったということです。

彼の一日に密着

8:00 出社 資料作り

9:00 始業と同時に外回り

15:00 帰社 電話・事務作業

19:00 退社 バッティングセンターへ通うのが日課

「訪問の理由を、常にラインナップしておく」について

彼なりの工夫について

客先へ伺うためには、当然のことではありますがアポイントが必要です。しかし、ふいに営業途中、時間が空く時がありますよね。例えば、アポイントは無いけれど、すっごく場所が近いし……ということ、あると思います。もちろん、急な訪問が失礼にあたることもあります。がしかし、何かしらのお土産があったとしたらどうでしょう。もちろんお菓子などといった「お土産」ではありませんよ。商品に関する特典などです。すると、それを口実に訪問ができますよね。私の場合はそのための理由集めを日ごろからしておき、訪問の理由を常に引き出しから出せるように準備しています。

それが出てきた成果などの情報

ちょっとの空き時間も利用できるようになり、営業効率がよくなったことに加えて、先方さんも、「サクッと現れてサクッとイイ話しを持ってきてくれる人」という認識が生まれたようで、継続して受注をいただけるようになりました。イメージ戦略という面においても、成果をあげているのかな、と思います。

関連記事