龍野俊之さんが心がけていること「時には立ち止まる勇気を持つこと」について|ジョブエキスパート

トップロゴ
職場のアピール 他のサイトとの違い

龍野俊之さんが心がけていること「時には立ち止まる勇気を持つこと」について

クリーンサービス企業に勤める営業マン・龍野俊之さんの紹介

今まで営業経験が無かった龍野さんが、この仕事を始めたきっかけとなったのは、ある求人広告だったといいます。「褒められる仕事です」と銘打たれた募集広告に半ば釘付けとなり、すかさず応募したそうです。

彼の一日に密着

8:00 出社 同僚社員とのコミュニケーションは大事です

9:00 始業 電話とメールチェックです

13:00 外回り 基本はアポを取ったところのみですが、たまに飛び込みも行います

16:00 帰社 明日の準備です

19:00 退社 資料ができ次第、業務は終了です

「時には立ち止まる勇気を持つこと」について

彼なりの工夫について

営業の仕事をしていると、「他の人に負けたくない!」という意識が強くなり過ぎ、どうしてもずっと走り続けているタイプの人が多いように思います。しかし、走り続けていると、人は前しか見えなくなるんですね。そうなるとどうしても大事なことを見逃してしまうものです。「失敗をそのままスルーする」といったものが代表的な例ですね。当の私もはじめは目標を追っかけるばかりで、結果、何も成果が得られずということがしばしばありました。しかしそんなことを繰り返しているうちに「このままでいいのだろうか」と疑問に思い、今一度やり方を振り返ってみようと考えたんです。すると思い当たることがいろいろ出てくるんですよね。それらを一つ一つ改善していくことで、営業の量はそのままに、質のほうを高めていこうと考えたんです。

それが出てきた成果などの情報

人脈がより深く広がるようになりました。人となりをじっくり観察し、その人の背景を知り、そして付き合いを深めていくことができるようになったのです。今までは、いかに場当たり的な付き合いであったのか……とつくづく実感しています。当然ですが、営業成績にも、すごく良い影響を与えていますね。

関連記事