しんせん食品で食品製造という仕事をした阿南康平さんの話|ジョブエキスパート

トップロゴ
職場のアピール 他のサイトとの違い

しんせん食品で食品製造という仕事をした阿南康平さんの話

私がしている食品製造という仕事はこんな仕事

私が担当しているのは、「工場で製造されるお弁当の盛りつけ作業」なんです。完成した料理を、お弁当箱の所定の位置に同じ分量だけ美しく盛りつけていきます。レーンでお弁当はどんどん流れてきますので、もれなく、素早く盛りつけるのは、そんなに簡単なことではありません。しかも、花見や運動会シーズンなどといった、イベントが短期間に集中する時期には、一気に数量が増えますので、当然それに比例して作業も多くなります。

食品製造という仕事をしてみて思ったこと

体力的にものすごくハードな仕事です。基本3時間、繁忙期ともなると6時間ずっと立ちっ放しです。その上ほぼ同じ姿勢で延々と同じ作業を行うということで、精神的にも大変なお仕事なんですよ。

この仕事をして得たスキル

始業時間がかなり早いため(繁忙期には朝の4時とか)、随分朝に強くなったように感じます。そして何より身についたと感じることは、「忍耐力」と「集中力」ですね。単なる流れ作業の連続だからこそ、スピードや正確性が求められるのですから。しかも繁忙期ともなると、普段のとき以上に集中力が求められるんですよね。

しんせん食品について簡単に紹介

お弁当やお惣菜を専門に製造している会社です。スーパーやコンビニで販売されるお弁当の製造がほとんどですが、当社直営の店舗に向けたオリジナルのお弁当の製造も行っています。

関連記事