HAYABE furnitureでインテリアアドバイザーという仕事をした大須賀卓哉さんの話|ジョブエキスパート

トップロゴ
職場のアピール 他のサイトとの違い

HAYABE furnitureでインテリアアドバイザーという仕事をした大須賀卓哉さんの話

私がしているインテリアアドバイザーという仕事はこんな仕事

家具を通じて家全体のインテリアをご提案させていただくお仕事です。好きなイメージを伺い、使う人や使い方を聞いた上で、最適な空間をご提案させていただくというのが基本的な作業内容となりますね。使いやすさとおしゃれさを両立するための様々なアイディアを駆使するのが、私なりの使命であると考え、誰でもすぐに思いつくようなご提案はしないよう、心がけています。新しい提案をするためには、常に世間の流行に目を向けておくことが重要。まだ目のつけられていない部分に鋭く切り込んでいけるかどうかが、この世界には一番求められています。

この仕事をして得たスキル

海外の情報にとても詳しくなりました。常にネットや雑誌などに目配りをし、新しい情報を手に入れるようにしています。これはクセのようなものなので、一度身につくと日課になってしまうのでいいですね。仕事のことだけでなく、そのほかの情報収集に関しても、大変役立つスキルとなっています。

HAYABE furnitureについて簡単に紹介

最近徐々に話題となっている家具屋さんです。単なる家具の取扱店ではなく、家全体のデザインをして頂けること、店舗がかなり広くくつろげる空間であること、更には店内にフードコートを設けることによってお食事も楽しめることなど、今までにないスタイルで、休日の家族の新しい過ごし方を提案しているのです。

関連記事