海鮮弁当の魚形で盛り付けスタッフという仕事をした高丸高次さんの話|ジョブエキスパート

トップロゴ
職場のアピール 他のサイトとの違い

海鮮弁当の魚形で盛り付けスタッフという仕事をした高丸高次さんの話

私がしている盛り付けスタッフという仕事はこんな仕事

盛り付けスタッフとして勤務しています。仕込み時に、一気にカット等の下ごしらえは済ませてしまいますので、注文を受けてからの作業としては、テイクアウト用のどんぶりの中にごはんを入れ、材料をのっけていくだけ。誰でもできる作業となっています。

この仕事をして得たスキル

材料として海鮮ものを扱っているためか、ネタの魚の知識が深くなりましたね。その魚の特徴はもちろんのこと、鮮度維持の方法や、美味しくなるカットの仕方、合わせるタレについてなど。また、お昼時間などは目の回る忙しさとなりますので、短時間でお仕事を回していく手際の良さも身についたと思います。

海鮮弁当の魚形について簡単に紹介

さまざまな生の魚を用いた海鮮丼をお安く提供している、テイクアウト専門の海鮮弁当店です。通常であれば、すごく高くなってしまうところですが、さまざまな工夫をこらし、どのどんぶりもワンコインに設定しています。他では、決して500円では食べることのできない商品となっていますので、ぜひテイクアウトで食べてみてほしいですね。

海鮮弁当の魚形について思うこと

何から何まで無駄にしない、もったいない精神が息づいているんだなと身にしみて感じました。「なぜこんなに低価格で提供できるんだろう」とここの求人に応募したときから気になっていたのですが、新人研修でその理由に触れて、ストンと腑に落ちました。普通なら捨ててしまう部位もできる限り使用したり、テイクアウト専門にして余計なものをカットしたりと、コスト削減の徹底ぶりには圧倒されました。

関連記事