コンマチふぃるむ館でシネコンスタッフという仕事をした遠藤作弥の話|ジョブエキスパート

トップロゴ
職場のアピール 他のサイトとの違い

コンマチふぃるむ館でシネコンスタッフという仕事をした遠藤作弥の話

私がしているシネコンスタッフという仕事はこんな仕事

チケット販売、フード販売、もぎり、上映終了後の座席清掃などさまざまな仕事がありますが、基本的にはどちらかの専属となり、勤務するスタイルとなります。ちなみに私はグッズ販売を担当しています(文字通り、上映中の映画に関連したグッズを販売するという仕事ですね)。

シネコンスタッフという仕事をしてみて思ったこと

あくまで私が働いているグッズセクションでのことですが、人気映画が公開されると、しばらくは平日でも結構な忙しさになります。これが夏休みなどの休暇期間ともなると、それこそ目の回るような忙しさで、長い行列ができることもしばしば。無論少しでもスピードがダウンすると、スタッフとお客さまの両方から厳しい言葉をかけられるので、毎回冷や汗ものです……。

この仕事をして得たスキル

映画の知識が深まったことはもちろんですが、「効率のよい接客のスキル」をある程度は身につけられたのかなと思います。将来的には、映画に対する知識を深めることと、接客のスキルをより高めることを両立できるようにならなければと感じています。

コンマチふぃるむ館について思うこと

バイトの福利厚生に「月2本まで映画鑑賞無料」があるのは、すごく嬉しい特典だなと感じています。映画関係の会社(大手映画館の運営会社など)に就職したいので、この特典を存分に活用して、1年後に迫る就職活動の時期までに、しっかりと土台を作っていくつもりです。

関連記事