アズマイ防災で消防設備点検員という仕事をした堀内健二の話|ジョブエキスパート

トップロゴ
職場のアピール 他のサイトとの違い

アズマイ防災で消防設備点検員という仕事をした堀内健二の話

私がしている消防設備点検員という仕事はこんな仕事

基本的には、建物についている警報機と火災感知器の動作チェック(熱や煙を発する専用の試験機で点検します)、消火器やスプリンクラーといった消火設備の点検、外階段や避難ハッチなどの避難設備の点検が仕事です。

消防設備点検員という仕事をしてみて思ったこと

重い荷物を持ち上げるといった力仕事ではないのですが、別の意味で体力が必要な仕事ですね。というのも、とにかく歩いて歩いて歩きまくる仕事です。大型ショッピングセンターともなると、軽く2万歩(距離換算して約15km!)以上は歩かされます。それに加えて「命や財産を預かる仕事」でもあるので責任は大きく、ミスできないプレッシャーも半端ないですね。

アズマイ防災に簡単に紹介

公共施設やオフィスビル、商業施設や集合住宅などに必ずついている、火災報知機やスプリンクラーなどといった、各種消防設備の点検・工事を専門に行っている会社です。

アズマイ防災について思うこと

社員の育成がとにかくしっかりしている印象です。私の場合、入社時は車の運転免許(しかもAT限定)のみという最低限の資格しかなかったのですが、先輩社員の点検作業についてしっかり学んだことで、1ヶ月強でこの仕事をするのに必要な消防設備士の資格を取得できました。もちろん信頼される点検員となるためのフォローもしっかりしていて、改めて手に職をつけるには最適の環境だと思います。

関連記事