柴尚寿司でデリバリースタッフという仕事をした平子健太の話|ジョブエキスパート

トップロゴ
職場のアピール 他のサイトとの違い

柴尚寿司でデリバリースタッフという仕事をした平子健太の話

私がしているデリバリースタッフという仕事はこんな仕事

当店配達専用の三輪スクーター(「トライク」と呼ぶそうですが)で、注文の商品を配達するという仕事です。いかに効率よく配達できるか。身に付けたスキルの量によって作業効率が大きく変わる、そんなお仕事ですね。

デリバリースタッフという仕事をしてみて思ったこと

とにかく気をつけなければいけないことが山ほどあります(無論、接客を丁寧にすることは常識ですので省きます(笑))。まず配達する商品が食品なので、他の宅配(ネットスーパーなど)に比べても、より短時間で効率よく運ぶ必要があります。しかも悪天候の時ほど注文が混み合いますので、そういった覚悟も必要ですね。何より一人で行動することになるので責任は重大。決して楽ではない仕事です。とはいえ、仕事自体はそれほど難しくはないので、バイクの運転が好きで、道を覚えることが苦にならない方であれば、楽しめるお仕事だと言えるかもしれません。

この仕事をして得たスキル

配達エリアの地理や、距離、時間などの感覚がすごく正確に身についたと思います。きっと、初めての場所でも、一度走れば迷子になるようなことはないだろうな~ってかすかな自信がありますね(笑)また運転技術も高まったと思います。実際この仕事を始めてからは以前より安全を意識した丁寧な運転になりました。

柴尚寿司について思うこと

お昼の配達を終えた後の、このお店のまかないがとにかく美味しいんです!実際これを目当てに働いているといっても過言ではないです(笑)

関連記事