アヴースゲームスでデバッガーという仕事をした吉永民雄の話|ジョブエキスパート

トップロゴ
職場のアピール 他のサイトとの違い

アヴースゲームスでデバッガーという仕事をした吉永民雄の話

私がしているデバッガーという仕事はこんな仕事

新作ゲームを隅々までプレーして、正常に動作しているかチェックしていく仕事です。もしも「キャラの動きがおかしい」などの予期しない動作が見られた場合には、プログラマーに報告して修正してもらい、その後不具合が解消されたかチェックすることになります。また「難しすぎないか」といった疑問点についてプランナーなどと話し合って、プログラマーに調整を依頼するということもあります。

デバッガーという仕事をしてみて思ったこと

想像以上に根気の要る仕事ですし、リリース直前ともなれば寝る間も惜しんで作業しなければならないという過酷な仕事です。私の場合は、もともとゲームが大好きでこの世界に入っており、特に大きな苦痛は感じていないのですが、それでも時間が迫ってくると焦りますし、座りっぱなしで腰は痛くなりますし、モニタを見続けることで疲れ目になりますし、ある意味体力勝負の仕事なのかも(苦笑)

この仕事をして得たスキル

ゲームのスキルは当然のこととして(笑)、コミュニケーション能力のほうも高まったのかなと。どんな症状が出ているのか、この動作は意図しているものなのかなど、制作者サイドに正確に伝えなければいけませんからね。

今この仕事をしていて思うこと

自分の仕事がまさしくゲームのクオリティに直結しているので、責任の大きさを感じます。ゲームを安心して長く楽しめるように、細かい見逃しもないよう集中して、これからも取り組んでいきたいと思っています。

アヴースゲームスについて簡単に紹介

ソーシャルゲームを中心に開発を手がけるゲーム開発会社です。

関連記事