風一スポーツクラブでスポーツインストラクターという仕事をした矢代哲也の話|ジョブエキスパート

トップロゴ
職場のアピール 他のサイトとの違い

風一スポーツクラブでスポーツインストラクターという仕事をした矢代哲也の話

私がしているスポーツインストラクターという仕事はこんな仕事

運動が苦手な子どもを対象にしたスポーツクラブで、運動能力向上のためのいろいろなサポートを行っています。

この仕事をして得たスキル

それまで、子どもとの付き合いは難しいと感じていた私ですが、今はかなり上手くコミュニケーションが取れるようになってきたと自負しています。子どもとの関わり合い方をしっかり学べたことは、仕事としてだけでなく、自分の人生においても、大きな収穫だと思います。今後も少しでも多くの子ども達に、「スポーツが楽しい」と思えるきっかけを作っていきたいと思っています。

今この仕事をしていて思うこと

運動が得意な子は例えば少年サッカーチームなどに所属して、ますます上手くなっていく。反対に苦手な子は外に出たがらないので、運動能力が高まらない。最近はその傾向が顕著になっていて、どんどん差が大きくなってきている気がします。こうした状況を少しでも改善するためにも、この仕事は必要だと改めて感じています。

風一スポーツクラブについて簡単に紹介

球技が上手くできない、鉄棒が怖い、速く走れない……そういった悩みを抱える「運動が苦手な子ども」を一人でも減らすべく、立ち上げられたスポーツクラブです。一流選手を育てるのと同じような環境で、一人ひとりに合った体力面・技術面・精神面でのサポートを行っています。

風一スポーツクラブについて思うこと

運動嫌い克服のためのスポーツクラブならではなのかもしれませんが、入社当初、私以上に「幼少期に運動が苦手だった」というスタッフが多いことに驚きました。

関連記事