安永書籍で出版サポートスタッフという仕事をした川添道彦の話|ジョブエキスパート

トップロゴ
職場のアピール 他のサイトとの違い

安永書籍で出版サポートスタッフという仕事をした川添道彦の話

私がしている出版サポートスタッフという仕事はこんな仕事

取材スタッフと一緒に作者や企業さまとの打ち合わせに参加して、本のタイトルなどを考え提案するのがメインです。それ以外の時間は議事録等の種類の作成・電話応対・来客案内・郵便物の仕分け・材料や備品等の発注・その他雑務が中心です(打ち合わせ以外は一般事務と一緒の仕事ですね(笑))。入社してまだ2年目なので、そんなに責任のあるお仕事はまかされていない状況です。いまはこの業界で活躍する上で不足している知識やスキルが山ほどありますので、毎日精進です。しっかりと経験を積んでスキルを磨いていって、いずれは人気作家さんの取材などを担当できればと思っています。

出版サポートスタッフという仕事をしてみて思ったこと

最初は自分のイメージとのギャップに困惑しっぱなしでしたね。出版業界というと華やかな業界と思われがちなのですが、実際はひたすら原稿や作家さんと向き合っての本当に地道な業務の繰り返しで、ものすごく地味な業界です。

この仕事をして得たスキル

自然と時間管理能力が身についたのかなと感じます。外部の方と接触する機会が多いということもあり、時間には大変厳しい環境ですので。

今この仕事をしていて思うこと

作家の皆さまはもちろん、取引先の企業さま、そして先輩スタッフなどの努力があって初めて一冊の本が出来上がるものなので、そう考えると「大事に取り扱わなくてはいけないな」と思うんですよね。この仕事を続けていてそれを強く感じました。

安永書籍について簡単に紹介

小説やエッセイなどを中心に出版している会社です。

関連記事