フラワーショップ季紀でフラワーアレンジメントスタッフという仕事をした山中真一の話|ジョブエキスパート

トップロゴ
職場のアピール 他のサイトとの違い

フラワーショップ季紀でフラワーアレンジメントスタッフという仕事をした山中真一の話

私がしているフラワーアレンジメントスタッフという仕事はこんな仕事

クリスマスリースや結婚式で使われるブーケ、送別会などで必要となる花束など、生花を使っていろいろなアイテムを製作する仕事です。

フラワーアレンジメントスタッフという仕事をしてみて思ったこと

花を使った仕事は、華やかで優雅な仕事というイメージがありますが、基本的に生花という日持ちしない材料を使うので、製作の作業に入れるのは納入の前日になってから。このわずか2日間で、クライアントさんとの打ち合わせから実際の製作、アイテムの納入まで完了させなければいけないんです。しかも基本的に複数の案件を掛け持ちするので、仕事は滅茶苦茶大変です……。

この仕事をして得たスキル

花に関する知識はもちろん、クライアントさんの希望するイメージを汲み取ってそれを形にして表現する、デザイナーとしてのスキルが一通り身についたかなと思います。

フラワーショップ季紀について思うこと

これまでアルバイトをしながら専門学校に通ってアレンジメントを学んだものの、なかなか就職できずにいたんです。そんな私を採用して下さったのが、このショップだったんです。まだ経験のない私に、店長は「どんどんチャレンジしてください。失敗はちゃんとフォローしますから。」と言って下さるので、本当にありがたくて。現場において、新しいことにどんどんチャレンジさせてもらえる環境って、そうそう無いのではないでしょうか。このようなすごく恵まれている環境に日々感謝しています。これからも努力を重ね、がんばっていきます!

関連記事