琉装スタジオ・ふくみで着物販売スタッフという仕事をした市原慶介の話|ジョブエキスパート

トップロゴ
職場のアピール 他のサイトとの違い

琉装スタジオ・ふくみで着物販売スタッフという仕事をした市原慶介の話

私がしている着物販売スタッフという仕事はこんな仕事

当店は販売だけでなく、着付けや写真撮影などのサービスを行っているので、販売業務(商品説明やレジ対応)のかたわら、観光客や海外からなどのお客さまの対応や、結婚式などといった行事においての写真撮影などを担当しています。

着物販売スタッフという仕事をしてみて思ったこと

ひとの「楽しい」に寄り添うお仕事なので、自然と日々笑顔になりますね。接客という仕事を本当の意味で楽しめる、良いお仕事だとつくづく感じています。

この仕事をして得たスキル

基本形以外の着付けも知ることができました。私が元々学んでいた着付けは、いわゆる一般的なスタイルだったので、すごく勉強になりました。また、海外の方が多く来られますので、その方たちとの対応を重ねているうちに、自然に英語・中国語・韓国語が(日常会話程度ですが)できるようになったんです。これは大きな収穫ですね。自分自身のスキルをどんどん向上させられるお仕事に就くことができて、大きなやりがいを感じています。

琉装スタジオ・ふくみについて思うこと

沖縄の方は、年齢を問わず琉装を大切にしています。結婚式だけでなく、子どもなら七五三、沖縄独特のイベントである年日(とぅしびー)祝いなどで、琉装を選ばれる方が多いですよ。なので、少なくとも本土のように時代が変わって閑古鳥が……といった心配がないので、その意味では安心かなと思っています。

関連記事